今日は早めに

たいていは日記として使ってるわけだし、タイトルつけろなんて言われたらまいっちゃうよね、ほんと。この文体は、今読んでる村上春樹訳のCatcher in the Ryeに影響を多少受けてはいるんだけどね。しかし読んでいるのが結構つらい。未熟さ傲慢さに触れるたびにちょっと前の自分をちょいと重ねてしまうからでしょうか。くそったれがあ しかし本を読むのがこんなに楽しいなんて知らなかったな。自分ごとと思える範囲がずいぶん広がった気がする。豊かさ。結局知識や勉強や教養ということは、そういうところにつながってくれるんだろう。だから勉強をする。

そして昨日は実際に更新をしませんでした。気づいた時には日付こしてたし、特に書き付けておきたいこともなかったな。今日は早めに帰るつもりで帰って、意外と遅くなったけどとりあえず書いてます。何日か前に、満月もその次も見れるだろうかと書いた気がするが、ここのところ毎日月を見ている気がするぞ。水不足とか大丈夫かな。「月見はみがき」という活動を推し進めておりまして、いやべつに推し進めてはいないけど、時々思いついては歯磨き持って外出てる。実際のところ、しゃかしゃかしているうちは反作用で顔もぶれるのであんまり星は見やすくない。しかしそれでも青い星空の下でさわやかに歯を磨くというのはいいものだよ。真似してくれたっていいが、くわえながら歩くんじゃあないぞ!そして今日は帰りの星星がとてもきれいだったので、しばらく畑の真ん中のあぜ道にチャリを止めてあたりを見回してきた。これだけ星のあかりを明るく感じたのは久しぶりだったな。アークトゥルスが惑星に感じられたほどだった。さそりもいる。土星もいる。好きだったかんむり座がなかなか見えてこなかったけど、意地はって結べるまで帰らなかった。帰宅途中に運転見合わせて予定よりずいぶん遅くなったけど、まあいいかって思ったね。

忙しくなると本当に心が亡くなるので絶対に自分を追い込みたくない、と強く思うようになったんだけど、それでもなかなかすぐには変えられない。と思い悩んでいたところ、こうじゃなきゃいけないなんてあんまり今思い込まないほうがいいよとの助言を友達から得た。まあ確かに、みんなどうにか自分の性向と折り合いをつけて生きていってる、というかそうするほうが肩やわらかく生きられるんだな。「肩やわらかく生きる」って今思いついたけど、なかなかいい標語じゃない?

Steel Ball Run再読

やばいやばいもう23時51分!今日も日付を超える!早起きしたいのに!結局今日も社会復帰はしなかった(承前)。諸事情で実家い逃げ帰って自転車置場の契約した瞬間チャリ盗まれたんすよ。ひどい話だと思いませんか。や、鍵さしっぱだった自分が悪いんですけどね…私道の奥にある家の敷地内まで盗りにきた人間がいるというのが結構怖い。治安悪い。鍵についてたキーホルダーだけでいいから、大切なものだから返してほしいんだけどなあ。

ま、そんなことはいいんです。土星の資料を作りつつ(あまりはかどってない)Steel Ball Runを読み返してる。こんなに面白かったっけ!?!?!? 本当に最近は昔読んだ本どれを読んでも面白くて、自分の変化を実感する。これを成長と呼びたい。勉強することや教養というのは、何かについて知っているということではなくて、世の中の見方が豊かになっていくらでも楽しくなれるということにつながるんだと思うんだよなあ。自分の人生にも深みが出てきたのかな。

ジャイロを見ていると少し自分と重なるところがある。もちろん彼はジョジョの主人公だけあってまじにグレートな精神の持ち主だけど、受け身の対応者と言われたりする。一方ジョニィは自分の人生を取り戻すために気高く飢えようとする。それでもやっぱり絶望することもあって。そのへんが本当にいいな。初見では彼らの心の動きや成長に全然気が付かなかった。。あと7部の絵はめっっっちゃくちゃカッコいい。そして相変わらずのコマ割りのセンス。雑誌で読むときは真ん中までガッツリ広げて読めるからいいんだけど、単行本だと見開きをワイドに使ったコマは非常に読みにくくて困る笑。

土星の解説の結論をどこに持っていこうかまだ思案中。ジョジョ読んでたらいろいろとアイデアが溢れ出てきてしまった。うまくまとめていかなきゃー

必ずしも毎日なんか書こうと思っているわけではないんだけど、わりと続けられてるな。とはいえ、今日みたいな超非生産的な日もある。

土星の解説資料づくりはぜーんぜん進んでません。しかし作り初めたという大いなる進捗は得たのでこれでよし。あとはまたTSUTAYAでアルバム5枚借りてきた。某友人にまた中島みゆきの「EAST ASIA」というアルバムが目当てだったんだけど借りられてた。このちいせー町のTSUTAYAで同じく糸を聴きたがってるやつがいるとは。ぜひ会って話してみたいもんだ。「糸」は先日の友達の結婚式で式中にミスチルがカバーしたバージョンがかかってきてじーん…としてしまったよね。いい曲なんですよね。で、目当てのものがなかったのでやけっぱちで適当に、5枚借りれば1000円なんだしってことで適当に選ぶ。今回は

・『THE PIER』くるり

・『Be Here Now』Oasis

・『Whatever』Oasis

・『連絡』在日ファンク

・『レインボー』在日ファンク

の5枚です。

くるりのTHE PIERは僕の認識の中では彼らの最新作ということになっている。ようやく聴けてうれしい。昔からくるりの曲とともに流れる菅野美穂チオビタドリンクのCMが大好きで、しんどいときはだいたいくるりのJubileeを聴きながらチオビタドリンクを飲んでいたものだった。そういうわけで「ロックンロール・ハネムーン」と「loveless」を聴いたときは「あ!チオビタの曲じゃん!」となって嬉しかったです。特に「loveless」は本当に好き。身にしみるよね…。それとファンファンのトランペットいいですね。雰囲気ががらっと変わる。

2,3枚目は持ってなかったOasisのアルバム。WhateverはしかしほとんどMasterplanに収録されてた。Be here nowは通しで聴くのが楽しみだな!

4,5枚目は在日ファンクという人たちのアルバム。この人たち、めちゃカッコいいんですよ!! リーダーの浜野謙太通称ハマケンは、かつて星野源がいるSAKEROCKというバンドでトロンボーンを吹いていたんだけど、今はファンクなボーカルとダンスをやっている。James Brownばりのステップとマイクパフォーマンスは圧巻。あ!!0時を越えた!しかし仕方ない。他にもですね、ハマケンの詞の世界観が良いんです。そんじょそこらの雑なラップとは一線を画して日本語を楽しみきっている。たとえばこちら↓

 

www.youtube.com

なんだか公式感のない動画だけど…。つっこみどころ満載だけどカッコイイから仕方ないってなる。教科書の最後のページに書いてある言葉~♪

明日は社会復帰しよ

土星と宇宙

二週間後に迫った観望会で一般の方々に向けて土星について語ります。

観望会というのは、全国の公開天文台や科学館に集まって星空を眺めたり、望遠鏡を使って惑星を見たりするイベントのこと。きっとみなさんの近所でも開催されているので、ぜひぜひ近所の科学館やらに情報をあたってみて。僕がやってる観望会では、外に出て星を見る前にその日の「メインの観望天体」にまつわる解説を10分~15分くらい聞いてもらうことになっています。で、二週間後の観望会のメインが土星で、僕はその解説をやるってわけ。今日から本腰入れて資料作成を進めていく次第。

お客さんにはせっかく来てもらったのに土星について知ってもらうだけでは申し訳ないので、その時だけじゃなく今後の人生がずっと楽しくなるような話をしたいなと思っています。こうして書くとすごい大げさに見えるんだけど、宇宙について話すことにはそれくらいのポテンシャルがあると信じてますね。せっかく来てもらったから…というよりは、ここへ来てしまったが最後、お前の世界観に絶対爪痕残してやるからな!!くらいの気持ちでやりたいですね。

あくまで土星の解説なので、何か伝えたいと思った時には自然にそっちに話の流れを持っていけないといけないんですが、そこが腕の見せどころなのだ。逸脱の仕方はユニークであるべきだが、同時に理解可能でないといけない。特にうちの観望会には子どももいっぱいくるので、メッセージが小難しい理屈の先にあってもいけない。こうして条件を挙げてみるとスッゲー難しいことやるとしてるんだなって気づく。しかし、やります。

二週間後に何を話すかは一応伏せておこう。今までに解説やった天体は月、木星、M57(惑星状星雲)なので、そのときに何を話したか書こうかな。と思ったけどやべえ日付かわっちまう!あー!さよなら!

友達の結婚式

高校の時の数少ない友達で、いまでもちょくちょく話す友達の結婚式に行ってきた。他人の幸せで泣けるとはねえ。それだけ幸せを喜べる友達がいて、よかった。新郎新婦入場のときの彼の、照れと誇りとあふれる幸せの混じった表情をもう忘れることができない。会場いっぱいの親戚、友人、同僚上司に少しずつ視線をめぐらせながら。

ま、あとはひっさしぶりにスーツを着れて楽しかったな。院生にとっちゃ浴衣みたいなもんだからな。ネクタイのむすびかた、そのたびごとにぐぐっては忘れる。浴衣の帯と一緒だね。毎日着るようになったらこだわっちゃうんだろうな〜。

関東では梅雨の明けない新暦七夕だけど、昨日も今日も本当にいい月が見れたよね。満月はじつは明日だが、今日も明後日も人は満月をみて喜ぶだろう。明後日晴れるんかな。まず明日か。

 

結婚式は本当に良かったのだけど、時期が時期ということもあり涙にいろんな味が混ざっていそう。しばらくは何をするにつけても幻影をみてしまうのは仕方ない。生まれ変わってめぐり会えれば新しくなるはずだ…とか考えながら、夏用でもないスーツを汗まみれにしながらなんとか池袋ジュンクまでたどりつく。先月末からの読書欲を途切れさせたくないので、前買った本たちも全然消化しきってないけど中動体の世界を衝動買いして読みふけってしまった。ちょうおもしろい…

ま、本についてはまた書くとして、それはそうとあんまりにも暑かったからコーヒーフロート頼んで本読んでたんですけどね、グラスがこう露のつかないタイプの、内側と外側の間に空間があるちょっといいやつ(そして割れやすいやつ)だったんですよ それが読書する空間として最高のチョイスだなとおもって。普通のグラスだとちょっと手にとってストローでスーッてやろうもんなら水滴が本にたれたりするじゃない。それがない。すばらしい配慮だね。あ、やばいやばい!日付かわる!おわり!

七夕の夜

星や宇宙について、つまりこの世界について、多様な見方を提供するのは僕のライフワークみたいなものとなっています。よくツイッターでそういうこという。七夕ということでまずはこれ

あと2回、どの日も晴れるといいな

 

あといくつかすぐ思い出せる、星空についての一押しをあげておく:

 これは今日つぶやいたやつ 夜空はちゃんと青いんですよ

 

 個人的に日々季節感を味わうことからもらっている幸福感ってめちゃくちゃ大きいんだけど、星のめぐり、もとい地球の運行こそがすべての季節の生みの親なんだよね。すると自分が星に親しむようになるのは必然だったなと思える。四季のいろどり豊かな国に生まれたみなさんはどうでしょう。桜や金木犀を愛でる人はきっと星空に惹かれると思う。

結局時計や暦っていうのはすべて星星の動きの写像であって、人間にできるのはそれをただただ正確に観測するだけ 宇宙年齢かけても1秒とずれないような時計を作ることに成功した今だって、太陽に合わせるためにうるう秒なんてものをいれ込んだりしているわけだ。ということを、ツイッターに書いてなかったっけなと思ったけどやっぱり書いてた:

 

星じゃなくてもなんでも、日常のなかにいかに面白さ、趣深さを見出せるかというのは豊かさに直結していると思う。単純に知識と経験をつむだけでも、たのしい発見をする確率は頭の中でつながるのを待っている点と点の数の二乗に比例して増えていく、はず

てかね、いちお今のとこ毎日なんかしら書いてると思ってたんだけど日付変わってから投稿したんじゃあダメだね!!

歯が痛い

人生はつらく楽しい

ジョジョから学ぶことは未だに尽きない。Steel Ball Runを読み直さなきゃって気分。というのは、遠回りが最短経路なんだなってふと思ったし、敬意を払うことの大事さも身にしみてきたし、妙な期待をしちゃいけないって言い聞かせているんだもの

友達に本当に助けられているけど、みんながそうしてくれるのも普段自分がそれだけ友達を思っているからなんだろうと言ってくれた友達がいる。その愛を一番注ぐべき人を失った悲しみ、喪失感は宇宙より大きいけど、それを一生抱きとめて学び取っていくしかないのだ

後悔しないように、そして支えに自覚的に感謝していきたい 自分に素直になって、まずは自分を愛せるようになって、そのために優しくなれるってのがいい もう黒歴史なんて作れない

まとまる前に書き始める、時間をかけない、が当ブログの指針です